デニムの仕事

Denimについて/About Denim

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

木工修理

木工修理は主に、組み直し(解体~再組立)木部成形・加工パーツ製作破損修復を行ないます。

組み直し

長くお使いいただけるよう一旦解体した上で古い接着剤や塗料、汚れなどを除去し、もう一度しっかりと組み立て直します。

ダイニングテーブル

slide001
完全にバラバラにします。
slide002
塗装は別に行ないます。
slide003
水平な台の上でしっかり組み立て、再接着します。
slide004
完成!



チェア

slide005
こちらもバラバラ・・。
slide006



ビューロー、チェストなど

slide007
slide008
slide009
ばらせない部分は無理にばらしません。
slide010



デスクなど

slide011
slide012
slide013
slide015a



キャビネットなど

slide014
slide015



木部成形

欠けてしまった彫刻など、デザイン上、元通りにした方が良いと判断した場合、古材などを使用して部品を製作し、成形します。

木部成形

slide016
左アームレストの彫刻部分が欠損していました。
slide017
slide019
左肩の擬母子(ぎぼし。丸い飾り)が欠損していました。
slide018



加工

主に構造的な部分などについて、補強をしたり、サイズを変えたり、といった木部加工をします。

加工例1

slide020
クッション座面が取り付けられるよう、木枠に溝を掘ります。
slide021
slide022



加工例2

slide023
座の損傷した部分を除去し補強材を取り付け、実用強度を回復します。
slide024
slide025
ガタつきのある脚を、接合部の調整をしたり、わずかに脚先を削ったりしてきちんと接地させます。
slide026



加工例3

slide027
テーブルの脚先を水平にカットし。天板の高さを低くします。
slide028



パーツ製作

修復が難しい場合や部品が失われていたりした場合、古材や同種の材を使用し新しく同様のパーツを製作します。

パーツ製作例1

slide029
脚の横貫がなかったため製作しました。
slide030



パーツ製作例2

slide031
ステンドグラスの木枠。完全に再生不能でした。
slide032
新しく木枠を作ると同時に塗装をして回転式の脚も付けてみました。



パーツ製作例3

slide033
ステンドグラスを自立させる脚なども製作しています。
slide034
slide035



破損修復

何らかの事情で新しくパーツを製作できず、現状で修復を行なう必要がある場合の例です。
「過去に習い、21世紀に学ぶ」、日々研究を続けるデニムオリジナルの修理法です。

破損修復例1

slide036
完全に割れてしまった座面。ベニヤですので再生は不可能ですが、捨てるには惜しい貴重なエンボス座面です・・。
slide037
本来、新しいパーツが入手できるのを待つ以外ありませんが、ご要望があればデニムは再生にトライします。例えば、サーフボードなどの素材のグラスファイバー・・。
slide038
裏面にポリエステル樹脂をラミネートして硬化させます。まさにサーフボードのようです・・。
slide039
裏側はほぼプラスチック座面のイメージです。尚、樹脂はガラスのように透明になります。

slide040
あとは座面を本体に再接着して表面のひび割れをきれいに補修。その後、塗装をします。
slide041
完成。若干重量が増えていますがほぼ実用強度を確保しています。



以下の修復作業はお客様のご要望があったときのみ行ないます。ほぼ外観はわからないほどに再生されますが、実用強度はある程度は回復するものの元通りにはなりません。
強度回復のためには新規にパーツを製作する必要がありますが、思い出のお品だったり、現時点でコストをかけられないといったご事情など、オリジナルの状態で修復する必要のある場合にはご相談ください。

破損修復例2

slide042
輸送事故で完全に折れてしまったツイスト柱。
slide043
太い丸棒を串刺し状にし、芯として補強します。
slide044
将来の再修理を想定し、金物は使わずにダボなどでさらに補強します。
slide045
ある程度の強度は回復しました。



破損修復例3

slide046
こちらも輸送事故で完全に折れてしまったツイスト柱です。
slide047
ツイストが細いので鉄柱を芯材とする荒療治です。
slide048
しっかりと断面を接着し組み直しをします。
slide049
鉄柱が芯材なのでそれなりに強度はありますが表面の木部にひびの入る可能性はあります。



各種制作事例のご案内 塗装

アンティーク家具・照明の専門店「デニム アンティーク ファニチャー」へようこそ!当店ではチェアやテーブル、キャビネットなどのイギリス(英国)アンティーク家具やランプ、シャンデリアなどのフランスアンティーク照明を低価格と安心品質で全国へお届けしております。

コメントは受け付けていません。